なぜ私が母乳育児について話すのか

Pocket

母乳育児の重要性を伝えるのはプレッシャー?

今日は母乳育児のお話をお母さんたちにしてきました。

母乳&母乳育児については、まだまだ誤解や無理解があり、

母乳育児のことを話すだけで

「母乳が出ない人を追い詰めている」

「ミルクだって立派に育つ」

「母乳母乳って言うな」

等と言われてしまいます。

そんな中でも、なぜ私が母乳育児のことを話すのか。

それは「都市伝説」とでも言えるような、不適切な情報が巷にまかり通っているからです。

例えば

  • 赤ちゃんが泣くのは母乳が足りないから
  • 1歳過ぎたら、母乳が薄くなるから栄養も免疫もなくなる
  • 好きなだけ飲ませたり、1歳過ぎても断乳できないと、自立できない子どもになる
  • 完全母乳じゃないとダメな母親だ
  • 人工乳と母乳の違いって免疫だけ

などなど。

これって、逆に母乳育児のお母さんを追い詰めてませんかね?

こういう不適切な情報に振り回されて、しんどい思いをさせたくない。

現在わかっている、いわゆる『寄っていない』考えを伝えることによって、母乳でこどもを育てていようといまいと、周りに振り回されず、楽しく育児ができるお母さんを増やしたいのです。

気持ちが楽になった

参加者さんの声です。

 

今回、3人目となる育児は、正直なところ、仕事と両立も考えたらミルクもうまく使って育てていこう‼と安易に考えていましたが、

この講座に参加して、母乳の大切さを改めて感じることができたし、だからといって【母乳で育てなくては‼】と思うのではなく、

うまく伝えられないけれど、とても気が楽になり、育児が楽しみになりました♪

 

そして今まで言われていた神話!?みたいなことも、本当はそうではないことも知れたり、、、。 

 

少しでも悩んだり、気になっている方は、ぜひ聞いてほしいな♪

きっと気が楽になって、より良い子育てができると思います。

ありがとうございます(^^)

ゆっくりしかできないけれど、少しでも伝わればいいな。

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です